紫外線アレルギーが顔だけの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーが顔だけの時」についてお話します。

 

紫外線アレルギーの症状があらわれる部分は、人によって異なります。
中でも「顔」は、体の部位の中で、最も紫外線を浴びやすい箇所です。

 

そのため、顔の日焼けを気にしている方はとても多く、
日常的に、顔全体に日焼け止めクリームを塗っている方が多いのです。
しかし、これが、紫外線アレルギーが顔にあらわれる原因なのです。

 

日焼け止めクリームが原因?

 

実は、日焼け止めクリームに含まれる成分が原因で、
顔だけにアレルギー症状があらわれえるのです。
紫外線アレルギーが、顔だけにあらわれることは、
女性に多いと言われています。

 

その理由は、紫外線対策として、
化粧時に日焼け止めクリームを顔に塗っているからです。
日焼け止めクリームに含まれる成分には、2種類あります。

 

ひとつは、「紫外線吸収剤」、もうひとつは、「紫外線散乱剤」です。
実は、前者の「紫外線吸収剤」が
顔に炎症を引き起こす原因成分なのです。

 

では、この2種類の違いをみていきましょう。

 

1:紫外線吸収剤

 

紫外線吸収剤は、紫外線アレルギーの発症の原因となる成分です。
名前の通り、紫外線を肌で吸収してしまいます。
吸収することによって化学反応が起き、細胞を損傷しまうので、
肌に、炎症がおこる原因となるのです。

スポンサーリンク

2:紫外線散乱剤

 

一方、紫外線散乱剤は、紫外線を反射させる成分で、
紫外線が当たると、吸収するのではなく、
跳ね返すようなイメージです。

 

肌への刺激や、負担が少ないので、
紫外線散乱剤を使った日焼け止めクリームは、
敏感肌用につくられることが多いです。

 

では、なぜ、紫外線吸収剤は、肌に悪影響を与える原因となるのに、
日焼け止めクリームに含まれているのでしょうか。

 

紫外線吸収剤のメリット

 

紫外線吸収剤は、汗に強く、サラサラした塗り心地が特徴です。
これは、日焼け止めクリームには欠かせない条件です。

 

このように、日焼け止めクリームの含まれる成分によって
紫外線が肌に吸収され、
紫外線アレルギーを引き起こす原因となります。

 

顔に塗る日焼け止めクリームはもちろん、
体にも同じことが言えるので、
購入するときは、必ず成分を確認しましょう。

スポンサーリンク