光線過敏症を治療する薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症の治療の薬」についてお話します。

 

「日光皮膚炎」は2種類に分けられる

 

日光を浴びることによって、皮膚が赤くなってしまったり、
茶色く...いわゆる「日焼け」をしてしまいます。
また、日光を浴びることによって、皮膚の炎症を引き起こしてしまう
「光線過敏症」の二種類あるのです。

 

どちらも日光に含まれる紫外線を浴びてしまうことにより、
引き起こしてしまう症状なのです。

 

光線過敏症〜症状とは?〜薬による光線過敏症

 

個人差にもよりますが、普通に生活している中でなんの関係もない
薬を服用しているだけで、日光を浴びてしまった箇所に
発疹や湿疹ができてしまうことがあります。

 

主に、血圧を下げる働きをする薬や、化膿を止める薬や、
痛み止めや熱を下げてくれる薬などで
光線過敏症を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

光線過敏症の治療方法を教えて

 

光線過敏症の主な治療薬は、
軽症の場合ですと抗アレルギー剤を使用します。
重症の場合ですと、ステロイド剤や免疫を抑える薬を使用します。

スポンサーリンク

外出する際は、直射日光をできるだけ避け、
日焼けどめクリームなどを使用することが大切です。
(日焼けどめクリームを別名サンスクリーン剤と言います。)

 

サンスクリーン剤は、紫外線を吸収したり、
紫外線を跳ね返してしまう成分を含んでいます。

 

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し、
それを熱エネルギーへと変化させることができます。
変化させることで、紫外線が直接肌の中に
吸収されることを防ぐことができます。

 

紫外線散乱剤とは、紫外線を跳ね返すことができます。
ですが、その中に含まれる成分で
肌がかぶれてしまったりすることもあります。
肌が弱い方や毎日続けて使用される方は十分な注意が必要です。

 

結果的にいいますと...

 

紫外線アレルギーや光線過敏症を完治させることは難しいです。
その上、治療を行う際、使用する薬によっても副作用を伴う
ケースもありますので、結果的にもっとも治療方法として良いのは、
紫外線を直接浴びないことが大切なのです。

 

ですので、しっかり紫外線対策を行うことが良い方法と言えますね。

スポンサーリンク