光線過敏症テストとは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症テスト」についてお話します。

 

紫外線アレルギーを発症する方が春先から夏頃までの間に急増しています。
紫外線アレルギーによるものかもしれないと思ったら、
すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

紫外線アレルギーだと思ったら

 

紫外線アレルギーによる症状や原因はさまざまです。
一度このアレルギーを発症してしまうと、
なかなか治りにくいとされている病気でもあります。
発症後は、できるだけ紫外線を浴びない対策をとらなければなりません。

 

今までアレルギーを一度も発症したことがない方でも、
突然この紫外線アレルギーを何らかの原因で
発症してしまう場合もあります。

 

ですので、紫外線によるアレルギー反応だと疑う方が少ないので、
なかなか自己判断が難しいところですね。

 

紫外線を浴びてから湿疹や発疹、それから頭痛や嘔吐、
めまいなどの症状が診られた場合は、軽い自己判断を
せずに、すぐさま皮膚科を受診するようにしましょう。

 

皮膚科を受診すると、まずはじめにアレルギー検査を行われます。
検査方法について次のようなことがあります。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーを検査する際に用いられる検査方法〜光線過敏症テスト〜

 

「あれ?もしかしたらアレルギーによるものなのかな?」
と思ったら、皮膚科を受診するのが正しい選択です。
基本的な検査方法としては、光線過敏症テストから行います。

 

この詳しい検査内容は、「UVA光線」や「UVB光線」という
特殊な光線を背中やお腹などに浴びせます。
こうすることで、外にいるときの紫外線を
直で浴びていることと同じことになるのです。

 

検査結果で異常がみられた場合は、次に血液検査やパッチテストなどを行い、
本当にアレルギーによるものなのか、段階わけで結果を出すのです。

 

光線過敏症テストを受ける際は?

 

特に何も準備するものはありませんが、検査部位にあたる
背中やお腹などにボディオイルなどを塗ってくるのはやめましょう。

 

正しい検査結果が出にくくなってしまいますので...。
また、服用している薬剤がある場合は、
検査を行う前は服用を中止してください。

 

検査後の注意

 

光線を当てるところに、サインペンなどでマーキングを施します。
その光線を当てた箇所は、検査結果が出るまでの間は、
濡らさないようにしたり、紫外線を浴びないようにしましょう。

スポンサーリンク