紫外線アレルギーの日焼け止めのおすすめとは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの日焼け止めのおすすめ」についてお話します。

 

紫外線を浴びることによって、今までアレルギー体質ではなかった方でも、
突然、紫外線アレルギーになってしまうことがあるのです。

 

紫外線アレルギーを発症してしまうと、主に肌荒れや湿疹、目の痒み、
ひどい場合ですと、じんましんや頭痛、嘔吐などの症状が出てしまいます。
しかも一番厄介なのが、治療を行ってもなかなか完治しないということです。

 

ですので、最終的な対策としては、紫外線を浴びないことが
重要になってくるのですが、まったく紫外線を浴びないことはできませんよね。

 

そういった場合の対策として、
日焼け止めクリームなどが販売されていますよね。
今回は、そんな紫外線対策に有効な日焼け止めや対策方を伝授致します。

 

紫外線アレルギー時に使用する日焼け止めの選び方

 

紫外線アレルギー持ちの方であれば、
日焼け止めは欠かせないアイテムですよね。

 

でも、医師のアドバイスなしで自分で選ぶのって、
何を選んで良いのかわからないものです。
さて、そんな時のために、日焼け止めの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。
「紫外線吸収剤」は、紫外線を肌まで浸透させない働きをする成分です。

 

確かに紫外線対策には良い効果をもたらしてくれるのですが、
肌への刺激が強すぎて逆に肌荒れを引き起こしてしまう場合があります。
「紫外線散乱剤」は、先ほどの紫外線吸収剤とは違い、
紫外線を吸収することはありません。

 

紫外線を跳ね返す性質を持っています。
どちらも紫外線対策として良いものですが、紫外線散乱剤のほうが、
肌への刺激が少ないので、こちらの成分を含んでいる日焼け止めを
使用するのがオススメですね。

 

また、UVAをたくさん配合しているものを選ぶとなお良しです。

 

紫外線アレルギー対策するならコレで決まり

 

紫外線対策としてもっとも有効とされるのは、紫外線を浴びないことです。
そのためには、日焼け止めも欠かせませんが、
できるだけ衣類で紫外線対策を行うようにしましょう。

 

どうしても隠しきれない顔周りや手などは、
仕方がありませんので日焼け止めでも構いません。

スポンサーリンク