紫外線アレルギーで発熱の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーで発熱の時」についてお話します。

 

寒い冬も終わり、春が来て、徐々に暖かくなってくる季節がやってきますね。
暖かくなってくると、自然に暑さ対策として薄着で外出することも多くなりますが、
暑さと共にやってくるのが、夏の紫外線です。

 

みなさんも、夏が来ると紫外線対策を怠らない方も多いと思いますが、
紫外線対策を夏にだけ行うのは大きな間違いなのです。
寒い冬が終わり、桜の咲く季節がやってきたら
すぐに紫外線対策を行うようにしましょう。

 

紫外線は春から夏にかけてピークになってきますので、早めの対策を行わないと、
思いがけないアレルギーを発症してしまうこともあるんです。

 

その名も「紫外線アレルギー」

 

このアレルギーは、日光と密接な関係があります。
日光の中に含まれる紫外線を浴びることによって、
今までアレルギーを発症したことがなかった方でも
突然アレルギーによる症状を引き起してしまうこともあるのです。

 

普通の方には、何の問題もない紫外線でも、紫外線を浴びることによって
アレルギー症状を引き起こす方もいます。
今まで紫外線アレルギーを味わったことがない方ならなおさらわかると思います。

 

症状として特に多く出てしまう箇所は、皮膚です。
顔周りや腕、首や足など、紫外線対策を行っていない衣類から皮膚が
出てしまっているところにアレルギー反応が出てしまうのです。

スポンサーリンク

このアレルギーは、紫外線を浴びることによって症状を引き起こす
アレルギーですので、紫外線対策を行っていない皮膚などに痒みの
伴った発疹や湿疹、小さな水ぶくれなどができてしまうのです。

 

紫外線アレルギーによる症状

 

基本的には紫外線を浴びた箇所に症状が出ますので、腕や顔周り、
足などに多くの湿疹や発疹が見られますね。

 

先程も言いましたが、水ぶくれに関しては、
紫外線アレルギーは一種のやけどによるものなので、
湿疹などが悪化してしまうことにより、
それが水ぶくれになってしまうのです。

 

ついつい紫外線対策を怠ってしまう箇所があります。
それは「目」です。

 

目の紫外線対策を行っていないと、目の充血や涙が止まらない、
白目の部分が瞳孔に押しよてしまう、などという
ことが起こってしまいますので、サングラスや
目薬などの予防を行うようにしましょう。

 

紫外線アレルギーの症状が悪化してしまった場合

 

ひどい場合ですと、湿疹などの皮膚に出る症状では済まされません。
カラダ全体に出る症状で、嘔吐や発熱、頭痛などの症状が出てしまうので
十分に気をつけていただきたいアレルギーです。

 

特に発熱などのこれらの症状は、夏バテによるものだったり、
夏風邪だと判断されやすい症状ですので、決して自己判断を
行わないようにしてくださいね。

スポンサーリンク