紫外線アレルギーのファンデーションとは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーのファンデーション」についてお話します。

 

紫外線アレルギー対策を行う上で、日焼け止めは欠かせないものですよね。
日光を直接浴びてしまうと、紫外線アレルギーになりやすいので、
できれば日光の当たらない場所にいれば良いのですが、
仕事やお買い物やお出かけの際に外に出ないわけにも行きませんからね。

 

女性の場合ですと、日焼け止めもそうですが、
化粧品にもこだわらなければならないのです。
特に化粧下地やファンデーションです。

 

直接肌に紫外線を当てさせないためにも、
しっかり紫外線対策ができるものを選ぶことがコツです。

 

日焼け止め効果のある化粧下地を選ぼう

 

毎朝欠かせないスキンケアを行ったら、
化粧下地と日焼け止めクリームを混ぜてお肌に塗ってあげてください。
そして、できるだけSPF30以上を使用し、
++以上のものを使用するとなお良いでしょう。

 

それらを塗り終えたら最後にファンデーションをのせていきます。
このファンデーションもできれば日焼け止めの効果があるものにすると、
さらに効果を実感できますよ。

スポンサーリンク

ファンデーションという単語だけ聞くと、
女性だけしか使用できないイメージがありますが、
今回紹介する「MC BBクリーム」は日焼け止めの効果もありますので、
女性の方はもちろんのこと、男性の方でも使用できます。

 

ファンデーションを塗っている感覚がないぐらい
目立たない状態に仕上げることができるのでとってもオススメですよ。
顔周りだけでなく、首筋や手や耳などまんべんなく塗るようにするのが、
紫外線対策でもっとも重要なのです。

 

一番危険なのは、塗っているつもりなのに...。
なんていう塗り忘れなどを起こさないように、面倒くさがらずに
まんべんなく塗ってあげましょう。

 

特に日焼け止めを塗らなければならない部分とは?

 

顔周りでもっとも紫外線が当たりやすい箇所は、「頬骨」です。
出っ張っている部分なだけに紫外線が当たりやすいのです。
日焼け止めの効果も2時間から3時間程度で効き目がなくなってしまいますので、
こまめに塗ってあげることがオススメです。

 

化粧の仕上がりを良くしたいのであれば、
UV効果があるパウダーファンデーションを
使用するのもオススメですね。

スポンサーリンク