紫外線アレルギーをチェックする方法とは?

スポンサーリンク

みなさんは、紫外線アレルギーについて、どれくらい知っていますか?
ここでは、「紫外線アレルギーをチェックする方法」についてお話します。

 

紫外線アレルギーは、誰もがなり得る病気です。
名前の通り、紫外線によって発症するアレルギーで、
皮膚に湿疹や赤みが出たり、頭痛や吐き気などの症状を起こすこともあります。
一度発症すると、治りにくいと言われています。

 

この病気は、人によって症状のあらわれ方や、重症度が異なります。
なぜかいうと、人がそれぞれ持っている紫外線に対する「抗体」の量が違うからです。
わかりやすく言うと、紫外線の抗体量が多い人は、紫外線を浴びても症状が出にくく、
少ない人は、短時間、紫外線を浴びただけで、症状があらわれます。

 

では、みなさんの体は、どれくらい紫外線に耐えられるのでしょうか。
紫外線アレルギーかどうか、チェックすることができます。

 

紫外線アレルギーの検査は、皮膚科の専門医に診てもらいましょう。
検査方法は、「光線過敏症検査」というものです。

 

光線過敏症検査とは?

 

この検査は、光線を背中に直接照射し、皮膚の反応を見るというものです。
この検査を行うことで、重症度や原因となる光線を特定することができます。
検査は、3種類あります。

スポンサーリンク

1:UVB照射試験

 

紫外線に含まれる光線です。屋外で過ごしたときの日焼けの主な原因です。
波長が短く、肌の表面に強いダメージを与えます。
表皮の細胞を損傷し、シミ、ソバカスの原因となります。
多量に浴びると、やけどのような炎症も起こします。

 

2:UVA照射試験

 

こちらも紫外線に含まれる光線です。
波長が長く、肌の奥まで届きます。
赤みなどの炎症は起きにくいものの、
気付かないうちに日焼けをしてしまう原因です。
肌の細胞に損傷を与えるので、シミ、シワ、たるみを生じます。

 

3:光パッチテスト

 

炎症を引き起こす、原因物質を特定する検査です。

 

これらの検査費用は、およそ4〜5千円です。
病院によって異なるので、事前に確認してください。
それほど高い金額ではないので、
一度検査を受けて、自分のからだを知ることも大切です。

 

このように、紫外線アレルギー検査を受けることによって、
原因物質や重症度を知ることができるので、
紫外線の予防や、対策ができます。

 

キャンプやバーベキューなど、外で過ごすことが多くなる季節でも、
安心して過ごすことができます。
心配な方や、今までに症状がみられた方は、
皮膚科の専門医に診てもらいましょう。

スポンサーリンク