アレグラと光線過敏症の関係とは?

スポンサーリンク

ここでは、「アレグラと光線過敏症の関係」についてお話します。

 

光線過敏症もしくは日光過敏症、日光アレルギー、紫外線アレルギー、
光線アレルギー、日光湿疹などをご存知ですか?

 

日光や紫外線を浴びることによって身体に
なんらかの反応が出ることを表す様々な」呼び名です。

 

多くのアレルギーがそうであるように、
原因を特定することはなかなか難しく、薬を飲み続けることになります。

 

光線過敏症の症状

 

光線過敏症は、普通な方では何でもないような光で、皮膚に異常が生じます。
医師からは、

 

「光アレルギーは一度発症したら治りません。
長袖と日傘、帽子とサングラスで外出してください」

 

と言われます。

 

光脱毛で、光線過敏症を引き起こす可能性

 

慢性蕁麻疹で皮膚科の薬、主にゼスランやアレグラを
飲み続けているかたもいるでしょう。

 

そんな方が、エステで光脱毛を受けようと
医師に確認すると、服用中の蕁麻疹の薬によって、
光線過敏症を起こす可能性が稀にある。

 

と言われるそうです。
光脱毛をやってはいけないというわけではないが、注意が必要なのです。

スポンサーリンク

ですから、まずは一度脱毛希望部位に1〜2ショットの
テストショットをされてみるのをおすすめします。
問題なければ安心して全体に光脱毛の照射可能と判断できるでしょう。

 

そして、なるべくならば脱毛施術の前日と当日は、
薬という薬は一切飲まないほうがいいでしょう。
脱毛は医療行為ですので、医師が存在する専門の医療脱毛機関が安心・安全です。

 

光過敏症は抗ヒスタミン系の薬を飲んでいるとなりやすい?

 

蕁麻疹などで皮膚科に通っていると、アレグラは飲み続けてください、と言われます。
アレグラは抗ヒスタミン系のお薬ではないのでしょうか?
これは飲み続けても大丈夫なのか?

 

という疑問を目にします。
では、アレグラ錠60mgの作用と効果について見てみましょう。

 

「ヒスタミンH1受容体拮抗作用や各種ケミカルメディエーター
遊離抑制作用などを有しています。
スギ花粉症などの、季節性アレルギー性鼻炎。

 

ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎による、くしゃみ/
鼻づまり/鼻みずの鼻症状、また乾燥で肌がかゆい。
虫刺されなどによる皮膚炎、蕁麻疹などの様々な皮膚のかゆみを改善します。

 

通常、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹の症状、
皮膚疾患(湿疹/皮膚炎/皮膚そう痒症/アトピー性皮膚炎)
に伴う皮膚の痒みの治療に用いられます。」ということです。

 

アレグラは抗ヒスタミン系のお薬ではないということですね。
安心して服用して大丈夫でしょう。

スポンサーリンク